私たちはムジナモの保全を目的に活動しています

 私たち江戸川ムジナモ保存会は、希少水生生物「ムジナモ」の保全を目的として、保存や繁殖、地域の方々への周知等の活動をしています。

ムジナモとは

 モウセンゴケ科の浮遊性の水草で、ミジンコなどの動物プランクトンを捕食する食虫植物です。

 日本では明治23年に江戸川区北小岩の江戸川河川敷用水路で植物学者牧野富太郎により発見されました。現在、野生では生息しておらず絶滅危惧種に分類されています。

希少な水生食虫植物のムジナモ
希少な水生食虫植物のムジナモ